尿酸値を下げる食事や食べ物の考え方

尿酸値を下げる食事や食べ物の考え方

尿酸値を下げる食事や食べ物の考え方

尿酸値が高くなる原因の筆頭に挙げられるのは、尿中尿酸排泄低下や尿酸産生過剰といった体質による影響で、全体の7~8割を占めるといわれます。

ただ、尿酸値は個人の生活習慣や体質による違いも大きく、食事からの影響も軽視する事は出来ません。

とはいえ、制限があまり行き過ぎると、栄養バランスが崩れてしまい、かえって体調が悪くなることも考えられますから気をつけて下さい。

プリン体を取り過ぎる要因は、他の生活習慣病と同様にやはり暴飲暴食のためということが多いですから、節度ある食事を心がけることは重要です。

基本的には腹八分の食事を意識していれば、特に問題はないと思われます。

高尿酸血症を意識した食事では、『プリン体を多く含むものを食べ過ぎると尿酸値が高くなりやすい』という事ですので、やはりプリン体を多く含む食材などの知識をもって、食材の選択などは多少考慮したいところです。

プリン体が多い食品としては、牛・鶏・豚の内臓類、魚の干物、甲殻類、煮干、カツオブシ、白子、アンキモ、などが挙げられます。

また、ビールや発泡酒には、酵母が豊富に含まれているために、他のアルコール飲料に比べてプリン体が非常に多いといわれています。

ビール以外でも、アルコールを分解する時に尿酸が作られますので、基本的には控えたほうが良いでしょう。

野菜にはプリン体は少なめですが、キノコ類は比較的多く含まれているようです。

ただし、これらのものを絶対に食べてはいけないというわけではなく、控えておくことが大切です。

逆に、尿酸値を下げるといわれているのが、アルカリ性の食品です。

ヒジキやコンブ、ワカメ、ごぼう、キャベツ、にんじん、バナナ、サトイモなど、海藻類と野菜がその代表ですので、意識的に食べるようにするといいでしょう。

ですが、これもバランスが大事ですので、くれぐれも行き過ぎないようにして下さい。

スポンサーリンク

尿酸値を下げる食事や食べ物の考え方 関連ページ

アルコールについて
高尿酸血症を改善するために、アルコールは控えることをお勧めします。 というのも、アルコールは尿酸の産生を高める […]
適正なカロリー摂取を心掛けよう
高尿酸血症を改善させるには、食事療法が大切なのですが、まずはカロリーのとりすぎに気をつけるようにしましょう。 […]
水分補給について
高尿酸血症を改善するためには、水分補給も重要なポイントになります。 体内の水分不足に陥ると、尿の量が減ってしま […]

トラックバックURL

https://tsufu.genki.biz/nyosanchi_tabemon/nyosanchi_sageru_tabemono/trackback/