高尿酸血症の薬:尿酸生成抑制薬を使用した治療法とは…

高尿酸血症の薬:尿酸生成抑制薬を使用した治療法とは…

尿酸生成抑制薬

尿酸値が基準値(7mg/dl)をオーバーすると、コントロールしなくてはいけなくなります。

数値を改善することにより、痛みや腫れが起こる痛風発作を招かないようにしたり、痛風発症による合併症を予防することに繋がります。

尿酸値が基準値を超えている場合、高尿酸血症と診断が下されることになります。

食事内容の見直しをはじめとする生活習慣の改善により尿酸値を改善を目指す方法が取られるのが基本ですが、薬による治療が行われることもあります。

この場合、尿酸降下薬が使用されることになりますが、一口に尿酸降下薬といっても複数の種類が存在しているのです。

どの薬を使用するのかは、患者の状態により決定される形になるでしょう。

なお、種類の一つとしては尿酸生成抑制薬を挙げることができます。
この薬には一体どのような特徴があるのでしょうか。

尿酸生成抑制薬は薬の名前の通り、尿酸が作り出されるのを抑えることを目的に使用することになります。

この薬を使うことにより、血液の中や尿の中に含まれる尿酸の量を少なくする効果が得られます。

尿酸生成抑制薬はどういった人が使用することになるのかといいますと、尿酸が過剰に作られる症状が引き起こされている人です。

このような状態の高尿酸血症のことを産生過剰タイプと呼びます。
過度に作られる尿酸を薬の使用により抑え込むことにより、数値の低下を狙います。

また、高尿酸血症には排泄低下タイプに該当する人がいて、この場合には尿酸排泄促進薬が通常は使用されます。

しかしながら、腎障害のある人や尿路結石を引き起こした人は、尿酸排泄促進薬を使用すると悪化するリスクがあるため、この薬を使用することができません。

このため、これらに該当する状態の人に関しては、尿酸生成抑制薬を使用することにより排泄量をコントロールする形になるでしょう。

また、腎障害のある人が尿酸生成抑制薬を使用するといいましたが、中毒症状を招くリスクがあることから、使用する量は少なくされることになるのが基本です。

いずれにしても、医師に指定された量を守り薬による治療に取り組む必要があります。

スポンサーリンク

高尿酸血症の薬:尿酸生成抑制薬を使用した治療法とは… 関連ページ

高尿酸血症の薬:尿酸排泄促進薬を使った治療法とは…
高尿酸血症は尿酸値が異常を示すことにより診断される病気です。 7mg/dlを超えている場合に高尿酸血症と診断さ […]
高尿酸血症の人の尿酸降下薬を用いた治療法とは…
高尿酸血症の人に対しては、薬を用いた治療が行われることがあります。 ただし、薬による治療はすぐに始められないケ […]
血清尿酸値とは?また、高尿酸血症と診断された場合の治療方針とは?
血清尿酸値とは、血液の中にある尿酸の濃度を数値化したもののことをいいます。 これが基準値の7mg/dlを超えた […]
尿酸値降下治療は「ゆっくり」が鉄則
尿酸値を改善するための治療というと、高尿酸血症や痛風をイメージする人が多いでしょう。 これらの治療のためには薬 […]
尿酸値が高い人は3タイプに分けられる。
尿酸値は人の体内に常時約1,000mg蓄積されている状態です。 この中で1日あたり600mgが合成・排泄される […]
運動療法と尿酸値の関係
痛風の治療には、自己管理による療法がもっとも手軽に行なえ、確かな効果を発揮することができます。 栄養バランスを […]

トラックバックURL

https://tsufu.genki.biz/nyosan_kusuri_chiryo/seiseiyokusei_kusuri/trackback/