尿酸値と肝臓・腎臓の疲弊について

尿酸値と肝臓・腎臓の疲弊について

尿酸値と肝臓・腎臓の疲弊について

肝臓や腎臓が疲弊していることも、尿酸値が高くなる原因になります。

まず肝臓の働きですが、食べ物などから摂取したプリン体は、肝臓の中で分解されて尿酸になります。

ですから、肝臓が疲弊していると上手く分解されず、尿酸値の異常につながることがあるのです。

また、腎臓が尿酸値の異常に影響することは言うまでもありませんね。

腎臓の機能に問題があれば、尿として排泄が上手くいかなくなりますので、当然ながら尿酸値は高くなってしまいます。

つまり、尿酸値を正常にするためには、肝臓や腎臓を正常にすることが大切ということなのです。

具体的にどうすればいいのかというと、疲弊しているのですから適度な休息を与えることが必要です。

まずはプリン体を過剰摂取しないよう、食事に気をつけることや、アルコールの飲み過ぎにも注意しましょう。

特に肝臓は、知らない間に病気が進行することも多いですから、お酒を飲む人は休肝日を設けることが大切です。

また、体全体を健康にすることが肝臓や腎臓の健康にもつながりますから、適度な運動や、規則正しい生活習慣、十分な睡眠などが有効となるでしょう。

ストレスが、体に影響をあたえることもありますから、こころの健康にも注意したいものですね。

スポンサーリンク

尿酸値と肝臓・腎臓の疲弊について 関連ページ

尿酸値が高い人は3タイプに分けられる。
尿酸値は人の体内に常時約1,000mg蓄積されている状態です。 この中で1日あたり600mgが合成・排泄される […]
体内の尿酸は入れ替わりながら量は一定に保たれている
私達の体の中には、常に一定量の尿酸があります。 ただ、ずっと同じ尿酸が体内に留まっているというわけではありませ […]
高尿酸血症の診断
痛風予備軍ともいえる高尿酸血症。これを診断するためには、体内に含まれている尿酸の量を調べる必要があります。 そ […]
尿酸値とプリン体
痛風や高尿酸血症を引き起こす原因は、おもに体内で過剰に作られる尿酸にあります。 尿酸は体の中で毎日作られていま […]

トラックバックURL

https://tsufu.genki.biz/nyosan_kiso/post-68/trackback/