痛風と高尿酸血症

痛風と高尿酸血症

痛風と高尿酸血症
痛風の症状は突然あらわれますが、いきなり痛風になるというわけではありません。

だれしも体内に尿酸を溜め込んでしまい、尿酸値を上昇させてしまった結果、痛風になってしまうのです。

その尿酸値が上昇している状態を、高尿酸血症といいます。

高尿酸血症を早期発見、治療することで、痛風を防ぐことができます。

高尿酸血症は、尿酸値を異常に高めて関節部に蓄積せてしまう症状ですが、その間、目立った発作や症状は全くありません。

そのため発見、治療が遅れてしまい、痛風をはじめとするあらゆる臓器の病気を引き起こしてしまいます。

とくに腎臓は、「沈黙の臓器」と呼ばれるほど我慢強い臓器で、過剰な尿酸上昇により機能低下を引き起こしたとしても、危険信号をなかなか発することがありません。

そのため、気が付いたころには腎不全といった重病になってしまうことも少なくありません。

自覚症状がほとんど無い高尿酸血症を発見するには、健康診断や人間ドックなどを定期的に受け、尿酸値を検査することがベストです。

特に30歳を過ぎた中年男性は積極的に検査することをおすすめします。

尿酸値が高いと診断された場合は、医師の適切な指示のもと、尿酸値を下げる努力をしましょう。

予防法はとにかく、尿酸値上昇を避けることです。

暴飲暴食、ストレス、激しい運動(無酸素運動)を控え、生活習慣を見直すことでが大切です。

スポンサーリンク

痛風と高尿酸血症 関連ページ

痛風の発症する部位
関節部分の激しい痛みを伴う痛風の発作は、おもに足先、親指の付け根の関節にあらわれます。 この部分は痛風の代表的 […]
痛風発作時は、尿酸値をなるべく変動させないのが鉄則!!
高尿酸血症や痛風になった場合、生活習慣の改善の他、薬物療法を行うことになる場合があります。薬物療法で使用する可 […]
痛風結節とは
高尿酸血症になると足の指付け根などに激しい痛みや腫れが起こる痛風発作を引き起こす場合があります。血中の尿酸が多 […]
ヤバイ!!痛風発作?腎障害?虚血性心疾患?無症候性高尿酸値血症が怖い…
無症候性高尿酸血症とは、高尿酸血症状の別の種類のことをいいます。 高尿酸血症は、尿酸値が7mg/dlを超えると […]
痛風発症の低年齢化・若年齢化について
痛風といわれると、中高年しか罹患しないというイメージがある人は多いでしょう。たしかに以前は50代以上の患者の割 […]
痛風と間違えやすい病気
関節リウマチは関節炎の症状が引き起こされることから、痛風と勘違いしやすいでしょう。ただし、関節リウマチには痛風 […]
痛風には一次性と二次性がある
一口に痛風といっても、大きく分けて2種類が挙げられます。一次性のものと二次性のものがあるのです。これらにはどの […]
痛風の進行の3つの時期
痛風には3つの病気が存在し、それぞれ無症候性高尿酸血症期、間欠性痛風発作期、慢性結節性痛風期といいます。個々に […]
痛風の合併症
生活習慣病である痛風は、暴飲暴食、運動不足、ストレスといった要因が影響して引き起こされます。 そのため、他の生 […]

トラックバックURL

http://tsufu.genki.biz/tsufu_kiso/tasufu_konyosan/trackback/