痛風と間違えやすい病気

痛風と間違えやすい病気

痛風と間違えやすい病気
関節リウマチは関節炎の症状が引き起こされることから、痛風と勘違いしやすいでしょう。
ただし、関節リウマチには痛風には見られない症状があるため、見分けることは不可能ではありません。
微熱、貧血、体重減少、疲労感、倦怠感などは痛風の場合には起こらないという点で異なるのです。

また、関節リウマチも痛風も関節の痛みを生じますが、関節リウマチの場合は複数の関節が同時に痛み、痛風の場合は一つの関節が痛むため、この点でも違いがあるといえます。

それから、痛みの感じ方というのも両者には違いがあります。
関節リウマチは鈍い痛みがジワジワ長く継続する特徴がありますが、痛風は激しい痛みに突如として襲われる特徴があります。

この他、痛風と間違えやすい病気としては、変形性膝関節症を挙げることができます。
変形性膝関節症は名前の通り膝の痛みが引き起こされるのが特徴です。
痛風と異なる点としては、自然に痛みが解消することがありません。

他にも間違えやすいのは外反母趾です。
足の親指付け根に痛みが生じる点では、症状の起こり方に痛風との共通点があるといえます。
相違点に関してですが、変形性関節症のように自然に痛みが治まることはありません。
痛風の場合は数日に渡り痛みはするものの、治まるという特徴があります。

それから、偽痛風というものもあり、痛風と間違えやすいものの一つに数えられます。
同じような関節炎が生じるのですが、原因が異なります。
痛風の場合は尿酸が原因となりますが、偽痛風の場合にはピロリン酸カルシウムが原因となり起こります。
痛風と同じように突如として痛みが起こりますが、痛風と比較して痛みは弱く、発症する部位は膝関節が多い、高齢者に多いなどの違いはあります。

以上のような病気が痛風と間違われやすいといわれています。

相違点はありますが、素人が見極めることは困難ですし、自分での対処も難しいことから、痛みを感じたら放置することなく、すぐに医療機関を訪れたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

痛風と間違えやすい病気 関連ページ

痛風と高尿酸血症
痛風の症状は突然あらわれますが、いきなり痛風になるというわけではありません。 だれしも体内に尿酸を溜め込んでし […]
痛風の発症する部位
関節部分の激しい痛みを伴う痛風の発作は、おもに足先、親指の付け根の関節にあらわれます。 この部分は痛風の代表的 […]
痛風発作時は、尿酸値をなるべく変動させないのが鉄則!!
高尿酸血症や痛風になった場合、生活習慣の改善の他、薬物療法を行うことになる場合があります。薬物療法で使用する可 […]
痛風結節とは
高尿酸血症になると足の指付け根などに激しい痛みや腫れが起こる痛風発作を引き起こす場合があります。血中の尿酸が多 […]
ヤバイ!!痛風発作?腎障害?虚血性心疾患?無症候性高尿酸値血症が怖い…
無症候性高尿酸血症とは、高尿酸血症状の別の種類のことをいいます。 高尿酸血症は、尿酸値が7mg/dlを超えると […]
痛風発症の低年齢化・若年齢化について
痛風といわれると、中高年しか罹患しないというイメージがある人は多いでしょう。たしかに以前は50代以上の患者の割 […]
痛風には一次性と二次性がある
一口に痛風といっても、大きく分けて2種類が挙げられます。一次性のものと二次性のものがあるのです。これらにはどの […]
痛風の進行の3つの時期
痛風には3つの病気が存在し、それぞれ無症候性高尿酸血症期、間欠性痛風発作期、慢性結節性痛風期といいます。個々に […]
痛風の合併症
生活習慣病である痛風は、暴飲暴食、運動不足、ストレスといった要因が影響して引き起こされます。 そのため、他の生 […]

トラックバックURL

http://tsufu.genki.biz/tsufu_kiso/machigaeyasui_byoki/trackback/