痛風には一次性と二次性がある

痛風には一次性と二次性がある

痛風には一次性と二次性がある
一口に痛風といっても、大きく分けて2種類が挙げられます。
一次性のものと二次性のものがあるのです。
これらにはどのような違いがあるのか、まずは解説します。

一次性と二次性は、原因に関する相違点があります。
原因が明確でない場合には一次性だと判断されることになり、原因が明確な場合は二次性だと判断されることになるのです。

なお、一次性は原発性という呼び方もあり、二次性は続発性という呼び方もあります。
別物だと思い混乱することがないよう、両方の呼び方を頭に入れておくと安心です。
実際に日本人の場合には、一次性と二次性のどちらが多いのか、気になるのではないでしょうか。

この点に関しては、圧倒的に一次性に悩まされている人の割合が高いというのが現状なのです。
つまり、多くの人が原因がよくわからない痛風に悩まされ、闘病生活を送っているということになります。

一次性の痛風になった場合、どういう風に治療をするのかというと、メインは生活習慣の改善をする形になるでしょう。
食事の内容を見直しカロリーや栄養をコントロールしたり、適度な運動を習慣化、ストレス発散など痛風に悪いとされる要素を徹底的に排除します。

なお、痛風の人は尿酸値が異常に高いため、数値のコントロールは一生行わなくてはいけなくなるでしょう。

これに対し二次性の痛風はどうかといいますと、先述した通り一次性の痛風とは異なり原因がハッキリしています。

病気や薬の影響などにより尿酸の生成が過度に行われたり、排出が低下したりするのが二次性の特徴です。
過剰に尿酸が生成されるのは白血病など血液に関する病気、尿酸の排出低下は腎臓に関する病気が原因となり起こるといわれています。

なお、尿酸の排出低下に関しては、利尿薬や降圧薬などを使用することにより、副作用として引き起こされるケースもあります。

二次性の痛風の場合の治療は、原因をなくすことを主な目的として取り組むことになるのが一般的です。

スポンサーリンク

痛風には一次性と二次性がある 関連ページ

痛風と高尿酸血症
痛風の症状は突然あらわれますが、いきなり痛風になるというわけではありません。 だれしも体内に尿酸を溜め込んでし […]
痛風の発症する部位
関節部分の激しい痛みを伴う痛風の発作は、おもに足先、親指の付け根の関節にあらわれます。 この部分は痛風の代表的 […]
痛風発作時は、尿酸値をなるべく変動させないのが鉄則!!
高尿酸血症や痛風になった場合、生活習慣の改善の他、薬物療法を行うことになる場合があります。薬物療法で使用する可 […]
痛風結節とは
高尿酸血症になると足の指付け根などに激しい痛みや腫れが起こる痛風発作を引き起こす場合があります。血中の尿酸が多 […]
ヤバイ!!痛風発作?腎障害?虚血性心疾患?無症候性高尿酸値血症が怖い…
無症候性高尿酸血症とは、高尿酸血症状の別の種類のことをいいます。 高尿酸血症は、尿酸値が7mg/dlを超えると […]
痛風発症の低年齢化・若年齢化について
痛風といわれると、中高年しか罹患しないというイメージがある人は多いでしょう。たしかに以前は50代以上の患者の割 […]
痛風と間違えやすい病気
関節リウマチは関節炎の症状が引き起こされることから、痛風と勘違いしやすいでしょう。ただし、関節リウマチには痛風 […]
痛風の進行の3つの時期
痛風には3つの病気が存在し、それぞれ無症候性高尿酸血症期、間欠性痛風発作期、慢性結節性痛風期といいます。個々に […]
痛風の合併症
生活習慣病である痛風は、暴飲暴食、運動不足、ストレスといった要因が影響して引き起こされます。 そのため、他の生 […]

トラックバックURL

http://tsufu.genki.biz/tsufu_kiso/1ji_2ji/trackback/