アルコールについて

アルコールについて

アルコールについて
高尿酸血症を改善するために、アルコールは控えることをお勧めします。

というのも、アルコールは尿酸の産生を高めるだけでなく、排泄を抑制してしまいます。

つまり、尿酸値がどうしても上がりやすくなるのです。

適量であれば、そう大きな問題はないはずですが、ついつい飲み過ぎる傾向がある人は、注意が必要です。

痛風において最も飲用を控えたいアルコールが、ビールです。

ビールが含んでいるプリン体の量は日本酒の4倍以上、ワインの10倍以上、ウイスキーのなんと40倍以上と、アルコールの中でも群を抜いています。

これはビールの原料である麦芽(ホップ)がプリン体を大量に含んでいることが原因です。

アルコールは、体内に入るとすぐに吸収されるため、プリン体が取り込まれる速度も非常に速く、尿酸値の上昇に結びつきやすい性質があります。

そのため、ビールを大量に飲んだ次の日に痛風発作があらわれてしまったというケースは少なくありません。

最近はプリン体オフを謳ったビールや発泡酒も出ていますが、だからといって、いくら飲んでも大丈夫というわけにはいきません。

1日の飲酒量の目安は、ビールなら大ビン1本程度と言われていますから、これを超えないようにしておきましょう。

ビールを控えれば、他のアルコールを摂取しても痛風に大きな影響はないというわけでもありません。

言うまでもなく、肝臓が弱るとアルコールを分解する力も落ちますので、負担を減らすために、飲まない日を設けることは重要です。

ぜひ、定期的な休肝日を作ることも心掛けて下さいね。

高尿酸血症に限らず、アルコールの摂り過ぎは、様々な病気につながりやすいですから、くれぐれも注意しましょう。

できるなら、たまに飲まない日を作るより、飲む日の方をたまにする方が健康的です。

断酒とは言いませんが、たしなむ程度で控えておくほうが良いことは、間違いないでしょう。

スポンサーリンク

アルコールについて 関連ページ

適正なカロリー摂取を心掛けよう
高尿酸血症を改善させるには、食事療法が大切なのですが、まずはカロリーのとりすぎに気をつけるようにしましょう。 […]
水分補給について
高尿酸血症を改善するためには、水分補給も重要なポイントになります。 体内の水分不足に陥ると、尿の量が減ってしま […]
尿酸値を下げる食事や食べ物の考え方
尿酸値が高くなる原因の筆頭に挙げられるのは、尿中尿酸排泄低下や尿酸産生過剰といった体質による影響で、全体の7~ […]

トラックバックURL

http://tsufu.genki.biz/nyosanchi_tabemon/alcohol/trackback/