ストレスと尿酸値の関係

ストレスと尿酸値の関係

ストレスと尿酸値の関係
ストレスが原因で生活習慣病になってしまうことはよく知られており、痛風の発作もストレスが原因で引き起こされてしまうことがあります。

人間がストレスを感じると自律神経である交感神経が強く働き、心と体の緊張状態を高めてしまいます。

緊張状態が長く続くと異常なエネルギー消費を引き起こし、代謝を活発にしてしまい、体内の尿酸の量を増やしてしまいます。

また、ストレスを溜め込むことで体調を崩し、尿酸の排出にも影響してしまい、尿酸値を高めてしまうこともあります。

痛風患者に多い30~50歳代の中年男性は、仕事の責任感や家庭の不安感が影響して多くのストレスにさらされてしまいがちです。

これが引き金となり痛風を発症してしまうケースも少なくありません。

このストレスの感じやすさ、抵抗力は性格によって、非常に異なります。

真面目で几帳面、責任感が強い、自信がない、自己主張が強いといった方は、とてもストレスを溜め込みやすい性格です。

逆にストレスを溜め込みにくいのは、楽天的な性格です。

ストレスを溜め込まないようにするには、楽天的な思考を持てるようにすることですが、これは自分の性格を根本から変える必要があるため、非常に難しいことです。

まずは、気分転換できるような趣味を持ち、息抜きができる時間を設けて、リラックスすることから始めましょう。

また、ストレス解消目的とはいえ、体を過度に疲れさせてはいけません。

激しい運動や、徹夜で遊び呆けているようでは、気持ちが満足しても肉体的なストレスの緩和にはつながりません。

むしろ肥満や健康不良を引き起こす原因になってしまいます。

あくまでも健全なストレス発散方法を見つけましょう。

スポンサーリンク

ストレスと尿酸値の関係 関連ページ

〝尿酸の産生が過剰になる”要因と〝尿酸の排泄が減少する”要因
尿酸値が高い人には、尿酸が過度に作られているために数値が異常になっている人と、尿酸の排泄量が乏しいために数値が […]
肥満
尿酸値を下げるための基本は、生活習慣を改善することです。 中でも、肥満には注意したいものです。 尿酸値の高い人 […]
持病などの常用薬について
持病などの常用薬が原因で、尿酸値が高くなるというケースもあります。 具体的には、利尿薬のフロセミドによるものが […]
生活習慣や食習慣等のバランスについて
高尿酸血症も、広い意味では生活習慣病に入りますので、まずは生活習慣を見直すことが必要です。 基本的には、プリン […]

トラックバックURL

http://tsufu.genki.biz/nyosan_syukan/stress/trackback/