〝尿酸の産生が過剰になる”要因と〝尿酸の排泄が減少する”要因

〝尿酸の産生が過剰になる”要因と〝尿酸の排泄が減少する”要因

酸の産生が過剰
尿酸値が高い人には、尿酸が過度に作られているために数値が異常になっている人と、尿酸の排泄量が乏しいために数値が異常になっている人、この両方が原因で数値が高い人がいます。
これらは順番に尿酸産生過剰タイプ、尿酸排泄低下タイプ、混合タイプといいます。
尿酸値が高くなることには原因がありますが、タイプ別の原因を知りたいという人もいるでしょう。

尿酸の産生が過剰になる要因と排泄が減少する要因を挙げますので、参考にしてください。

まず、尿酸が作られ過ぎることには日頃の食事が関係しています。
単純に食事の摂り過ぎは良くありませんが、特にプリン体の多い食事は尿酸が過度に産生されることに繋がります。
ビールのようにプリン体の多いお酒を好む人も尿酸の増加に繋がります。

それから、運動も関係していますが、やっているから安心とはいえません。
適度な運動なら良いのですが、ハードな運動は逆に尿酸の過剰な産生に繋がります。

また、肥満体型の人も中性脂肪が尿酸が作り出されるのを促すことになるため、改善しなくてはいけません。

ストレスを溜め込んでいる人、がんを患っている人も尿酸の産生が過剰になりやすいといわれています。

その他には遺伝的な要因により尿酸が産生されやすい人もいると考えられています。

次に尿酸の排泄が減少する要因ですが、お酒や激しい運動、肥満、遺伝が排泄低下に繋がるといわれています。
これらの要因は産生過剰と共通していることといえるでしょう。

産生過剰タイプと異なる要因としては、腎臓に関することが挙げられます。
腎臓病を患っている人は排泄低下になりやすいといわれているのです。

それから、産生過剰タイプと違うのは、薬の影響により排泄低下が起こるという点でしょう。
免疫抑制剤、抗結核薬、利尿薬などを使用している場合には、尿酸の排泄低下を招くと考えられているのです。

要因の中には自分ではどうにもならないものもありますが、努力で改善できるものも少なくありません。

まずは尿酸値を調べ、数値が悪かった人は医師の指導を受けながら改善に取り組むことが大切といえるでしょう。

スポンサーリンク

〝尿酸の産生が過剰になる”要因と〝尿酸の排泄が減少する”要因 関連ページ

肥満
尿酸値を下げるための基本は、生活習慣を改善することです。 中でも、肥満には注意したいものです。 尿酸値の高い人 […]
持病などの常用薬について
持病などの常用薬が原因で、尿酸値が高くなるというケースもあります。 具体的には、利尿薬のフロセミドによるものが […]
ストレスと尿酸値の関係
ストレスが原因で生活習慣病になってしまうことはよく知られており、痛風の発作もストレスが原因で引き起こされてしま […]
生活習慣や食習慣等のバランスについて
高尿酸血症も、広い意味では生活習慣病に入りますので、まずは生活習慣を見直すことが必要です。 基本的には、プリン […]

トラックバックURL

http://tsufu.genki.biz/nyosan_syukan/sanseinokajyo/trackback/