尿酸値降下治療は「ゆっくり」が鉄則

尿酸値降下治療は「ゆっくり」が鉄則

尿酸値降下治療
尿酸値を改善するための治療というと、高尿酸血症や痛風をイメージする人が多いでしょう。
これらの治療のためには薬が使用されることになりますが、風邪のように1日や2日飲んだ程度では良くなりません。
3~6ヶ月の長期間に渡り薬を使用し、ゆっくりと数値を下げることが治療の鉄則なのです。

多くの人は症状に悩まされるのが嫌なので、早く尿酸値を下げたいと思うでしょう。
そのために一気に数値を下げようと尿酸降下薬を多量に使用したとします。
そうするとたしかに数値は急降下しますが、トラブルを起こすリスクが増大します。
一気に尿酸値を下げたことにより、痛風発作を招くことになりかねないのです。
数値を改善するために飲む薬が、数値が悪化したことにより引き起こされる症状を招くのです。

それから、薬を多く使用した場合には、他のトラブルを招くリスクを増大させることにもなりかねません。
尿酸値が高い人の多くは、尿酸の排泄量が少ないことが原因になっています。
この原因を取り除くために尿酸排泄促進薬を使用し、文字通り尿酸の排泄を促す効果を狙います。
この薬に関しても、一度に高い効果を得たいという思いから、多量に使用する人がいるのです。
たしかに尿酸の排泄量は多くなりますが、排泄するための腎臓に多大な負担がかかります。
負担を強いた結果、腎障害を引き起こすことにもなりかねません。

また、排泄量が多い場合、尿の中に含まれる尿酸が非常に多くなります。
この状態は尿路結石の誘因になるといわれています。
徐々に下げるという鉄則を守らなければ、上記のような問題を招くことになるというのを肝に銘じなくてはいけないでしょう。

なお、薬の用法容量を守っていても、ここで取り上げたようなトラブルが起こる場合があります。
原因としては使用している薬が強過ぎるか、量が多過ぎることが考えられます。
いずれにせよ自分に合っていないことは明らかですので、おかしいとわかったらすぐに医師に事実を伝え、適切な対処をとってもらう必要があるでしょう。

スポンサーリンク

尿酸値降下治療は「ゆっくり」が鉄則 関連ページ

高尿酸血症の薬:尿酸排泄促進薬を使った治療法とは…
高尿酸血症は尿酸値が異常を示すことにより診断される病気です。7mg/dlを超えている場合に高尿酸血症と診断され […]
高尿酸血症の薬:尿酸生成抑制薬を使用した治療法とは…
尿酸値が基準値(7mg/dl)をオーバーすると、コントロールしなくてはいけなくなります。 数値を改善することに […]
高尿酸血症の人の尿酸降下薬を用いた治療法とは…
高尿酸血症の人に対しては、薬を用いた治療が行われることがあります。ただし、薬による治療はすぐに始められないケー […]
血清尿酸値とは?また、高尿酸血症と診断された場合の治療方針とは?
血清尿酸値とは、血液の中にある尿酸の濃度を数値化したもののことをいいます。これが基準値の7mg/dlを超えた場 […]
尿酸値が高い人は3タイプに分けられる。
尿酸値は人の体内に常時約1,000mg蓄積されている状態です。 この中で1日あたり600mgが合成・排泄される […]
運動療法と尿酸値の関係
痛風の治療には、自己管理による療法がもっとも手軽に行なえ、確かな効果を発揮することができます。 栄養バランスを […]

トラックバックURL

http://tsufu.genki.biz/nyosan_kusuri_chiryo/kouka_chiryo/trackback/