体内の尿酸は入れ替わりながら量は一定に保たれている

体内の尿酸は入れ替わりながら量は一定に保たれている

体内の尿酸
私達の体の中には、常に一定量の尿酸があります。
ただ、ずっと同じ尿酸が体内に留まっているというわけではありません。
体内で尿酸が作り出されたり、排泄されたりということを繰り返しながら、一定量に保たれているのです。
常に入れ替わりが行われながら尿酸が体内に存在しているということを頭に入れましょう。

今度は量に関することに言及しますが、私達の体には約1,000mgの尿酸が蓄積されています。
この量の半分以上が入れ替わり続けることにより、一定量以上が溜め込まれないように維持されているのです。
入れ替わる量ですが、尿として約500mg、便として約100mgが排泄されることになります。

また、体の中では500mgの尿酸が合成され、食事から約100mgの尿酸が作り出されることになるでしょう。
同量が作り出され、同量が排泄されることにより、バランスが保たれているということが分かるでしょう。

しかしながら、このバランスが崩れることがあるという点に注意が必要です。
排泄される量は先述した程度あるものの、作り出される量が先述した量より多い場合がまず挙げられます。
逆に作り出される量に問題はないものの、排泄される量が少ない場合もあります。
また、作り出される量が過剰で、さらに排泄される量が少ない場合もあるでしょう。
いずれの場合も尿酸が多く残ることになり、尿酸値を高めることに繋がります。

血清中の尿酸値が7mg/dlをオーバーした場合、高尿酸血症と診断されることになり、改善が必要になります。
食事療法、運動療法などの生活習慣の改善の他、尿酸値を下げる薬を使用する薬物療法を行うケースもあります。

数値を改善することなく放置した場合、痛風を発症することになり、さらには合併症が起こるリスクもあります。

合併症としては高血圧、腎障害、動脈硬化、尿路結石を挙げることができます。

痛風自体も発作が起こると激しい痛みに襲われるため厄介ですが、合併症の中には命に関わるようなものもありますので、早期に異常を発見し、治療に取り組むことが大切です。

スポンサーリンク

体内の尿酸は入れ替わりながら量は一定に保たれている 関連ページ

尿酸値が高い人は3タイプに分けられる。
尿酸値は人の体内に常時約1,000mg蓄積されている状態です。 この中で1日あたり600mgが合成・排泄される […]
尿酸値と肝臓・腎臓の疲弊について
肝臓や腎臓が疲弊していることも、尿酸値が高くなる原因になります。 まず肝臓の働きですが、食べ物などから摂取した […]
高尿酸血症の診断
痛風予備軍ともいえる高尿酸血症。これを診断するためには、体内に含まれている尿酸の量を調べる必要があります。 そ […]
尿酸値とプリン体
痛風や高尿酸血症を引き起こす原因は、おもに体内で過剰に作られる尿酸にあります。 尿酸は体の中で毎日作られていま […]

トラックバックURL

http://tsufu.genki.biz/nyosan_kiso/tainai_nyosan/trackback/